よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

質問一覧

回答一覧

無料診断というのは、本当に無料ですか?自宅に来てもらってから何か費用が発生するようなことはありませんか?

もちろん、一切無料です。無料診断とはお客様のエネルギー利用状況や、各種機器類が性能を発揮しているかどうかを診断、判定する作業です。まだ具体的な工事を行っておらず、「知っていただく」段階なので無料です。その結果、何か工事や対策が必要になった場合はお見積もりをお出ししますので、それにご納得いただけた段階から初めて、何らかの費用が発生します。

太陽光発電を設置していますが、設置した業者と連絡が取れません。こんな場合でもメンテナンスしてくれるのですか?

このようなケースがとても多くなっています。ブームに乗じて参入した業者の中にはお金儲けだけを目的としていた業者もあり、そういった業者は早々に倒産または廃業をしていることもあります。会社は存続していても、事実上メンテナンスができていない例も多く、対策が求められています。当社ではこうしたメンテナンス難民とも言える方々の太陽光発電について健康状態をチェックすることで、せっかく取り付けた太陽光発電の期待収益が今後も得られるためのメンテナンスを行っています。

宮崎化学のM-50CPって何ですか?

宮崎化学とは、株式会社宮崎化学という化学メーカーのことです。同社製品にM-50CPという太陽電池用コーティング剤があります。超親水剤という特徴を持ち、太陽光パネルを汚れから守る働きがあります。同社は主要太陽光パネルメーカーから認証を受けている唯一の会社で、M-50CPの有効性は広く認められています。当社では、このM-50CPの有効性に着目し、太陽光発電の発電能力を安定させて期待収益を確保するためのメンテナンスを行っています。
詳しくは、こちらもご覧ください。http://mkagaku.co.jp/original/01m50.html

太陽光パネルはメンテナンスがいらないと聞きました。本当のところはどうなのですか?

メンテナンスいらずだという根拠は、汚れを雨水が洗い流してくれるからというものです。これは嘘ではないのですが、太陽光パネルが取り付けられてからの環境変化は想定されていません。例えばPM2.5などによる汚れの付着など、設置当時には問題にされていなかった要因も表われており、発電能力低下の原因として指摘されています。当社のメンテナンスは、こうした問題を解決するためのものです。

太陽光発電の期待収益にこだわっておられる印象がありますが、そんなに重要なことなのですか?

はい、とても重要です。なぜなら、ほぼすべてのお客様が設置前にシミュレーションを行っていて、それに基づく資金計画を立てておられるからです。固定価格による買取りは10年までですし、日照量は自然が相手なのですべて予定通りというわけにはいきません。その上、汚れや劣化などで期待通りの発電が行われないとなると、ローンの支払いに影響が出たり、償却後に赤字が出てしまうことも考えられます。経済的メリットは太陽光発電の重要な部分であることに変わりはないので、お客様の期待収益を守ることはとても大切だと考えています。

我が家の屋根には太陽光パネルがついています。何もしなくても良いと聞いていたので意識していませんでしたが、このサイトを見て不安になりました。特に問題を感じなければ、そのまま放置で構いませんか?

表面上特に問題がなければ、すべてOKというわけにはいかないかも知れません。現在の発電量がスペック通りのものではなく、もしかすると低下しているかも知れないからです。本来のスペックを発揮した場合の発電量がどれくらいなのか、無料診断でお調べできますのでお気軽にご相談ください。

東海三県がエリアと聞きましたが、うちは三重県の中でも伊勢地方です。こんなところからでも依頼は可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。東海三県はもちろん、その周辺地域へもお伺いいたします。お気軽にお問い合わせください。

いつかは元が取れると思って太陽光発電を導入しましたが、このサイトを見てちょっと考えが変わりました。まずはどうすれば思惑通りの収支になるか、簡潔に教えてください。

まずは無料診断で、お客様のご自宅に設置されている太陽光発電システムが正常に稼働しているか、スペック通りの発電をしているかを診断いたします。劣化や汚れによる発電量低下が見つかった場合は、性能を回復・維持するための洗浄とコーティングのご提案をいたします。故障が見つかった場合は修理の手配についてのご説明をいたします。常に性能をフルに発揮してこその太陽光発電なので、当社の無料診断をご活用ください。

オール電化を導入すると、ガス代がなくなる分、電気代が高くなるから同じではないか?と家族に指摘されました。これは本当でしょうか?

使用するエネルギーの量は同じでも、オール電化にすると空気熱や深夜電力を活用するため、利用効率は飛躍的に向上します。つまり、ガス代がなくなった分だけそのまま電気代が上がるということはありません。毎月の光熱費が下がった分をオール電化導入費用に回せば、事実上無料でオール電化に移行することができる計算になります。

オール電化を提案している会社なのに、ガスの良さも提案されていますよね。矛盾していませんか?

オール電化はとても良いものですが、ガスにはガスの良さがあるのは事実です。それぞれの良さをいかして最善の組み合わせを提案することが、お客様にとって最大の利益となります。オール電化をお勧めしているからといって、それより良いもの、お客様のご要望に沿うものがあれば、そちらをご提案するべきだと考えております。事情によってはガスだけでなく灯油の利用をご提案したこともあります。

ガスは使いたいときだけ開栓をして、使わないときは閉栓できるという話は初耳でした。とても面白いご提案だと思いますが、これは都市ガスだけでしょうか?

共通して制度化されているのは都市ガスのみとなっています。プロパンガスなどについては、それぞれのガス会社の方針に従うことになります。

太陽光パネルのその後、ご存知でしたか?

太陽光パネルのその後、ご存知でしたか?

太陽光パネルの汚れや劣化を放置しておくと、太陽光発電のメリットを十分に享受できなくなります。太陽光パネルの本来の機能を取り戻すには、メンテナンスが有効です。

無料診断はこちらから

サービス紹介

  • エコキュート
  • IHクッキングヒーター
  • 太陽光発電
  • 蓄電池
採用情報
  • 求める人物像
  • 先輩社員の声
  • 募集要項
ページTOPへ